Lune.. Étoile et espace et ce monde ギュヒョン&しゅきら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月23日 9時54分

ギュヒョンの母親 「早い回復傾向 心配してくれた皆さんのおかげ」

19日、交通事故にあって重患者室に入院中のSuper Juniorのギュヒョンが、面会時間に自分の両親を探すほどに早い回復傾向を見せていることが伝えられた。
ギュヒョンは22日夕方、カンナムソンモ病院の重患者室面会時間に、自分の両親が来たのか可否を問うほどに意識を取り戻した。
ギュヒョンは入院当時、病勢がかなり悪い状況だった。
しかし一般の人々よりも早い回復傾向を見せている。ギュヒョンの父親によれば、ギュヒョンは事故の次の日、骨盤出血が止まり、肺のあざも徐々に消えるなど、危ない峠を越した。
ギュヒョン側のある関係者は「ギュヒョンが一般の人々よりも、何倍以上もの早い回復傾向を見せていて、病院側も驚きを示した」と言い「毎日少しずつ状態が良くなっていて幸いだ」と言った。
この日の夕方頃、ギュヒョンの両親もいっそう明るくなった姿で、病室を出た。ギュヒョンの母親は「息子はまだ言葉は喋れないが、意識があって父親が来たのかどうか聞いてきたと看護師が話してくれた」と言い「周りの人々が心配してくれたおかげで、少しずつ回復しているようで、本当に感謝します」と言った。


[スターニュースより]

あぁ…本当に良かったです!
やっぱり若いから回復が早いんでしょうか?(笑)
とにもかくにも、本当に良い方向に向かっていることが嬉しくてなりません。
本当に良かった!!
ギュヒョンさんのご両親も今まで辛かったと思います。
どうかゆっくり休んで欲しいです。
ご両親が倒れたりしたら、それこそ大変ですから…。
ギュヒョンさんならきっと大丈夫ですよね!
ここまで良くなってくれたんですから…。

もう一つしゅきらに関しての記事です。

4月23日 10時47分

「Super JuniorのKiss the Radio」タイトルはそのまま1日DJで運営

「“Super JuniorのKiss the Radio”はそのまま続行します」
グループSuper Juniorがメンバーたちの交通事故以後活動を全面中断して、1日DJ体制に変わったKBSクールFM「Super JuniorのKiss the Radio」側が、タイトルをそのまま維持するという立場を明らかにした・
去る19日「Super JuniorのKiss the Radio」放送を終えて帰ったSuper Juniorのメンバーギュヒョン、イトゥク、ウニョク、シンドンが交通事故にあい、このうちギュヒョンが重傷を負った。以後Super Juniorが活動を全面中断し「Super JuniorのKiss the Radio」はこの日が最後の放送になった。
一方メンバーたちの事故後、去る22日まではSuper Juniorのソンミンとリョウクが臨時DJを引き受けたが、これ以上は進行することができず「Super JuniorのKiss the Radio」はしばらく1日DJ体制に転換される。
23日にはゲストに出演する予定だったキム・ゴンモが1日MCを引き受ける予定だが、今後のMCはいまだに決まらない状態。Super Juniorの復帰時期も見積ることができない状況なので、毎度MCを新たに決定しなければならないほどだ。曜日別固定出演者たちが、しばらくMCを引き受ける見込みだが現在までは決定しているところは全くない。
しかし「Super JuniorのKiss the Radio」のPDは「Super Juniorがいなくても “Super JuniorのKiss the Radio”というタイトルを変えるつもりはない。復帰を待っている」と強調した。
PDは「いつとは言えない状況だが、時期が問題であるだけで、Super Juniorは必ず帰って来る」と言い「早い快癒を祈っている」と伝えた。


[スターニュースより]

彼らが帰ってくるまで、タイトルを変えずにラジオを続けてくれるなんて…。
しゅじゅのKiss the Radioに早く復帰できると良いですね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://endofspace.blog66.fc2.com/tb.php/161-dd96e8c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。